結婚生活

ふつうの夫婦が、性行為において、みずから、あるいは相手の行為に、良識を越えているのではないか、と疑ったりすることのないように、性行為における良識とは、肉体を損傷しないことである、ということを明らかにしておきましょう。
そのかぎりにおいて、たとえ千変万化のいかなる体位をとろうと、いわゆるフェラチォ(口腔と陰茎の接触)やクンニリングトゥス(口腔と陰核・陰唇・膣の接触)であろうと、またいかなる器具や道具を用いようとも、すべては良識の範囲内にあるものと考えなければなりません。
つまり、ここでも、性交の方式や型にはきまったものがあるわけではなく、夫婦がそれぞれの条件に応じて、いかなる型ともちがった独特の方式を創造すべきである、ということが結論であるといえます。
一組の夫婦かもつ、複雑で微妙な生活条件・心理的条件・生理的条件によって形成される性関係を、的確にみちびきうるいかなる解説書も、いかなる人間もいるはずがなく、それをより完全なものとすることのできるものは、ただ前述した夫婦の性生活に対する正しい理解とおもいやりある態度だけである、ということを忘れないようにしなければなりません。
さいごに、もう一度、性のメカニズムのもつデリケートさは、かならずしもすべての夫婦の性生活を完全なものにするとはかぎらず、それだけに、性生活がたとえ不完全であろうと、結婚生活の本質とは何のかかわりもないのだ、という点を思い起こされるようのぞんでおきたいとおもいます。
結婚に悪いイメージを持っていても、一歩踏み出してください!出会いがない 社会人 から結婚相手を探せば、あなたに合った探し方も探せるので不安や悩みも解決してくれるサービスを見つけられます。
世の中には性生活とは無関係に、幸福な結婚生活をきずいている夫姉は、無数に存在したし、いまも存在しているのです。

Comments are closed.