夫婦愛

夫婦財産制
現実の結婚生活が、けっしてロマンチックなものでありえないことは、結婚生活の体験が教えてくれるでしょう。
夫婦愛でさえ、それがすぐれて知性的なものであることは、すでにみたとおりです。
結婚によっても、夫婦が、個々の一人格であることにかわりがないことは、もっとも現実的な経済面における法的規定が、それを証明しているといってよいでしょう。
民法は、夫婦財産制において、夫婦の財産の帰属についてつぎのように規定しています。
夫婦は、結婚生活に必要な費用を、財産や収入その他を考慮して分担しなければならない。日常の家事において、一方が債務を負う行為をしたときは、他の一方は連帯して責任をとらなければならない。
ここまでは、むしろ、夫婦の経済的責任が一体であることの規定ですが、法律はさらに、夫婦がそれぞれ結婚する前にもっていた財産は、結婚後に自分の名で手に入れた財産とともに、夫婦それぞれの特有財産とする、ときめていることを知っておく必要があるでしょう。
もちろん、夫婦が契約によってたとえばお互いの財産を共有とする、というようにきめることもできるようになっていますが、その契約は婚姻届を出す前にしておく必要があり、結婚後に財産関係の変更をすることはできないとされていることもつけ加えておきましょう。
結婚後の生活で問題が発生し、解決しようとすると、また別の問題が出てくるかもしれませんが、結婚相談所 比較 ←ここで相性ピッタリの結婚相手を見つければそんな心配は少しで済むでしょう。
結婚後に得た財産が、夫婦のどちらのものかはっきりしないとき、それが夫婦の共有財産となることはいうまでもありません。
いずれにしても、夫婦財産制について知っておくことは、それがたんに離婚のさいに不利にならないためといったことだけでなく、夫婦が、たとえ結婚によっても一人格たるを失わないものであることを忘れぬためにも、必要なことであるといえるでしょう。

Comments are closed.