出産は計画的に

0002

現代の結婚が、封建時代の結婚のように、こどもを生むことだけが目的でなされるものでないことは、すでに明らかにしたとおりです。
しかし、結婚したほとんどの夫婦が、いつかはこどもをもつことを考えるのが現実である以上、結婚について考えるときに、出産の問題を無視するわけにはゆきません。
夫婦がこどもを生もうとするときには、まず生殖のメカニズムについて正しい知識を身につける必要があります。
そのさいに重要なことは、性と生殖を混同しないということです。
現代においては、性と生殖が分離している、という点についてはまえにも述べましたが、その点を無視しているために、こどもを生むというよりは生まれてしまっている、といったほうがよい事態や、後述する妊娠中絶のおどろくべき増加といった事態が、ふつうのことになってしまうような現象が生じたのだ、ということができましょう。
さいきん、計画出産とか計画産児といったことばがさかんにつかわれていますが、とくに計画ということばを冠しなくても、現代の出産は、ほんらい計画的なものでなければならないはずなのです。
「生まれてしまった」といった、過去の動物的な出産は、いまや現代人のものではないと考えなければなりません。
まして、性と生殖の混同は、人間が人間であることを放棄して、動物のレベルにとどまること以外の何ものでもないといえるでしょう。
ここを読んだら、これからここ→サクラいない 出会い系 で、出会う相手と上手に駆け引きができますね。
出産に関しては、生殖のメカニズムを正しく認識して、現代人らしい考え方でのぞまなければなりません。
狭義の自然を、あらゆる面で改変して生きている人間が、生殖の面だけを、動物的レベルで考えるのが自然ででもあるかのように思い込んでいるのは、あまりにも古いこっけいな考え方であるといえます。

結婚生活

0001

ふつうの夫婦が、性行為において、みずから、あるいは相手の行為に、良識を越えているのではないか、と疑ったりすることのないように、性行為における良識とは、肉体を損傷しないことである、ということを明らかにしておきましょう。
そのかぎりにおいて、たとえ千変万化のいかなる体位をとろうと、いわゆるフェラチォ(口腔と陰茎の接触)やクンニリングトゥス(口腔と陰核・陰唇・膣の接触)であろうと、またいかなる器具や道具を用いようとも、すべては良識の範囲内にあるものと考えなければなりません。
つまり、ここでも、性交の方式や型にはきまったものがあるわけではなく、夫婦がそれぞれの条件に応じて、いかなる型ともちがった独特の方式を創造すべきである、ということが結論であるといえます。
一組の夫婦かもつ、複雑で微妙な生活条件・心理的条件・生理的条件によって形成される性関係を、的確にみちびきうるいかなる解説書も、いかなる人間もいるはずがなく、それをより完全なものとすることのできるものは、ただ前述した夫婦の性生活に対する正しい理解とおもいやりある態度だけである、ということを忘れないようにしなければなりません。
さいごに、もう一度、性のメカニズムのもつデリケートさは、かならずしもすべての夫婦の性生活を完全なものにするとはかぎらず、それだけに、性生活がたとえ不完全であろうと、結婚生活の本質とは何のかかわりもないのだ、という点を思い起こされるようのぞんでおきたいとおもいます。
結婚に悪いイメージを持っていても、一歩踏み出してください!出会い系アプリのおすすめ から結婚相手を探せば、あなたに合った探し方も探せるので不安や悩みも解決してくれるサービスを見つけられます。
世の中には性生活とは無関係に、幸福な結婚生活をきずいている夫姉は、無数に存在したし、いまも存在しているのです。

性生活3

変換 ~ sky_026

マスターベイションは、一般に考えられているほど不自然なものではなく、むしろ、円満な夫婦生活のためには、もっと利用されてよい手段であるということができます。
性生活に関して、もうひとつ、ぜひ知ってほしいことがあります。
それは、性関係のいとなみのうち、性交体位その他に関するものです。
ヴァン・デ・ヴェルデ以来、日本でも性交体位について解説したさまざまな本が出ていますが、頻度の問題と同様、それらもまた害あって益のないもの、ということができそうです。
結婚における性生活は、二人の夫婦が自分たちだけで創造してゆくべきものであり、そこで創造されたものが夫婦にとって満足すべきものであれば、それ以上のものはないと考えてよいのです。
それが、たとえいかなる型にもあてはまらないものであろうと、あるいは、とくにいろいろ変化することもないあるきまった型であろうと、夫婦にとってもっともぐあいのよい方式であるなら、それ以上をあえて求める必要はない、と考えるべきです。
ただ、何らかの偏見に支配されることによって、夫婦の双方または一方が不必要なこだわりをもったりしないことが、前提でなければなりません。
相性が合う結婚相手を出会い系 サクラいない でみつければ、夫婦間に問題が生じて解決するためにここに書いたような大変なことをしないで済むかもしれません。
偏見やこだわりは、性行為に対するあやまった知識から生じたものであることはたしかです。
それは主として、現代社会の性教育に対する無責任さから生まれているといえるでしょう。
それはとにかく、要は、性行為は全く当事者の自由にまかされるべきものだ、という点を忘れないようにすることです。
もちろん、良識というものがあり、まずふつうの人間なら、性行為においてどのようなことをしようと、この良識を越えることはないといえましょう。

性生活2

変換 ~ sky_019

性関係が夫婦関係にとって有益なものとなるのは、それが正しい性のメカニズムの原則にもとつくばあいだけであることを忘れてはなりません。
たとえば、性生活を問題にするときに、性交頻度は週何回が適当か、といったことが論じられることがあります。
こうした設問じたい、性のメカニズムに対する無知からでたものにすぎずも全く無意味な議論でしかないことを知らなければなりません。
性関係は、たんに生理的な現象にすぎないものではなく、そのうえ生理的条件さえ各人各様であり、同じ人間でもつねに変化するものであることを考えれば、適当な一定の頻度など、ありうるわけがないことは明らかであるといえましょう。
しいて何が適度かをいうなら、夫婦の求め合いに応じて、あるときは週に十度おこなわれようと、あるときは何ヵ月かに一度しかおこなわれないとしても、いずれもが適度であるといってよいことになるでしょう。頻度の多いことが、夫婦愛の強さをあらわすものでないことはいうまでもないことです。
調査の結果として発表された平均頻度ほど、個々の夫婦にとって無縁なものはない、ということを知っておかなければなりません。
平均というものが、広い幅をもった数字を寄せ集めて割り出した、全く架空の数であることを、忘れているひとが多すぎはしないでしょうか。
所得ならともかく、頻度が平均より多いか少ないかは、けっして性生活のゆたかさを決定するものではありません。
それどころか、週何回といった、きまった性関係のもち方は、それをだ性的なものにし、ほんらいの性のメカニズムを殺してしまうことにもなるでしょう。
素敵なパートナーに仲人協会 評判 で、出会っても幸せに付き合うには努力が必要です。
ここでたいせつなことは、平均とか頻度にこだわらず、夫婦がお互いに、できるかぎり相手の求めに応ずるよう努力するとともに、相手ののぞまぬときには遠慮する、といった思いやりある態度で、性生活をいとなむようにすることです。
そうした態度を維持するかぎり、生理的条件もほとんど問題にならないはずですが、たとえば夫婦の一方が病気その他の事情によって長期間求めに応じられず、欲求の処置に困るようなぱあいは、無理をするよりはマスターベイションによって一時的に解決するのが腎明であるといえましょう。

性生活1

変換 ~ sky_017

性のメカニズムから明らかなように、結婚と性関係とが本質的な結びつきをもっていないにもかかわらず、一般に、結婚と性関係が一体であるかのように考えられているあやまりについては、くりかえし述べてきたとおりです。
いま結婚生活における性生活について述べるのは、けっしてこのあやまった考えにしたがおうとしてのものではありません。
ただ、結婚した夫婦は、あらゆる点からみて、もっとも容易に性関係をもちうる条件をそなえているぱあいが多く、そのために、一般に性生活が結婚生活に重要な位置を占めている実状を無視することができないからにすぎないのです。
このことと、結婚生活に性生活は不可欠のものではないという事実とを、ぜつたいに混同しないようにしていただきたい。
とくにさいきん、性生活が満足すべきものでなければ完全なる結婚とはいえない、といった考えが当然のことのように横行していることをおもえば、このことはいくら強調しても強調しすぎることはない、といえましょう。
したがって、ここで述べることは、むしろ結婚生活におけるあやまった性生活への認識につい工であり、性関係について述べているところは、あくまで自由な性のメカニズムに関するものでめることを、あらかじめことわっておいたほうがよいかもしれません。
まず、夫婦がより親密な人間関係を保とうとするためは、性関係をむすんだほうがよいが、それが正しくおこなわれるのでなければ、むしろないほうがよい、といいたいとおもいます。
それに、性に関して正しい教育を受ける機会もなく、それどころか、ゆがめられた性知識によってしか性に対処できない現代社会において、当然の結果として正しい性関係をもちえない夫婦がほとんどであることをおもえば、結婚生活における性生活の強調は、結婚生活をよりよくするどころか、むしろそれを害する可能性のほうが強い、といったほうがよいかもしれません。
げんにあやまった性知識を身につけたばかりに、それまで平和であった夫婦関係がまずくなった、という例がさいきん多くなっていることが、その何よりの証拠といえます。
面倒見が良いオンナはモテます。あなたも結婚相談所 選び方 ←ここで頑張ってパートナーを見つけましょう。
さいきんといわず、すでにこれまでにも、性関係は、夫姉の義務であるという考えにもとづいて、あるいは相手にそれを強制しあるいは苦痛を耐えてその義務をはたす、といった例が無数にあり、そのために大婦のあいだに真の夫婦愛が芽生えることがないまま、どれだけ多くの結婚生活がつづけられてさたか、ということも考えてみなければなりません。

夫婦愛

変換 ~ sky_016

夫婦財産制
現実の結婚生活が、けっしてロマンチックなものでありえないことは、結婚生活の体験が教えてくれるでしょう。
夫婦愛でさえ、それがすぐれて知性的なものであることは、すでにみたとおりです。
結婚によっても、夫婦が、個々の一人格であることにかわりがないことは、もっとも現実的な経済面における法的規定が、それを証明しているといってよいでしょう。
民法は、夫婦財産制において、夫婦の財産の帰属についてつぎのように規定しています。
夫婦は、結婚生活に必要な費用を、財産や収入その他を考慮して分担しなければならない。日常の家事において、一方が債務を負う行為をしたときは、他の一方は連帯して責任をとらなければならない。
ここまでは、むしろ、夫婦の経済的責任が一体であることの規定ですが、法律はさらに、夫婦がそれぞれ結婚する前にもっていた財産は、結婚後に自分の名で手に入れた財産とともに、夫婦それぞれの特有財産とする、ときめていることを知っておく必要があるでしょう。
もちろん、夫婦が契約によってたとえばお互いの財産を共有とする、というようにきめることもできるようになっていますが、その契約は婚姻届を出す前にしておく必要があり、結婚後に財産関係の変更をすることはできないとされていることもつけ加えておきましょう。
結婚後の生活で問題が発生し、解決しようとすると、また別の問題が出てくるかもしれませんが、結婚相談所 比較 ←ここで相性ピッタリの結婚相手を見つければそんな心配は少しで済むでしょう。
結婚後に得た財産が、夫婦のどちらのものかはっきりしないとき、それが夫婦の共有財産となることはいうまでもありません。
いずれにしても、夫婦財産制について知っておくことは、それがたんに離婚のさいに不利にならないためといったことだけでなく、夫婦が、たとえ結婚によっても一人格たるを失わないものであることを忘れぬためにも、必要なことであるといえるでしょう。